妊婦検診の詳細

妊婦検診で行っていること

分娩予定日を決定するまで
(8~9週頃まで)2週毎
・胎児の大きさより予定日を確定した後、住んでいる
 自治体の窓口で妊娠の届け出を行い、母子健康手帳
 の交付を受ける。
 妊娠10週ごろ ・子宮頸がん検診
・妊婦検診
  尿検査、血圧測定、体重測定、腹囲、子宮底長測定、超音波検査
  (エコー検査)など
・血液検査
  血液型、貧血、血糖+HbA1c、梅毒、B型肝炎(HBs抗原)、
  C型肝炎抗体(HCV)、HIV抗体(エイズ検査)、不規則抗体、
  ATL(成人T細胞白血病ウィルス)、風疹ウィルス抗体、
  トキソプラズマ抗体など
 妊娠14週  ・妊婦検診
 妊娠18週  ・妊婦検診、クラミジア抗原、早産の検査(おりもの検査)
 妊娠22週   ・妊婦検診
 妊娠24週  ・妊婦検診、貧血
 妊娠26週  ・妊婦検診
 妊娠28週  ・妊婦検診
 妊娠30週   ・妊婦検診、貧血
 妊娠32週  ・妊婦検診
 妊娠34週  ・妊婦検診
 妊娠36週  ・妊婦検診、NST(胎児心拍数図)、溶連菌検査
 妊娠37週   ・妊婦検診、貧血
 妊娠38週  ・妊婦検診
 妊娠39週  ・妊婦検診、NST(胎児心拍数図)
 妊娠40週  ・妊婦検診、NST(胎児心拍数図) 
 予定日超過3~4日毎  ・妊婦検診、NST(胎児心拍数図)

※NST(ノン・ストレス・テスト)とは、規則的な子宮収縮によるストレスのない状態で、おなかの赤ちゃんが
 元気かどうかを検査し、お産に耐えられるかを調べる検査です。赤ちゃんの心拍を調べる検査です。
 分娩監視装置という機械をおなかにつけて調べます。


※尚、上記は目安であり、妊娠経過により変更されることがあります。


妊婦検診の費用
 ◎初診    :6,000円
 ◎妊婦検診費用:6,000円
   尿検査、血圧測定、体重測定、腹囲、子宮底長測定、超音波検査(エコー検査)など
 ◎血液検査などの費用

 子宮頸がん検診  
 血液型  1,000円
 貧血  1,000円
 血糖+HbA1c   200円
 梅毒  2,400円
 B型肝炎(HBs抗原)  2,000円
 C型肝炎抗体  3,000円
 HIV抗体(ヒト免疫不全ウィルス抗体)  2,000円
 不規則抗体  2,500円
 ATL(成人T細胞白血病ウィルス)  2,400円
 風疹ウィルス抗体  2,000円
 トキソプラズマ抗体  2,400円
 クラミジア抗原  3,000円
 早産の検査(おりもの検査)  2,500円
 溶連菌検査  2,500円
 NST(胎児心拍数図)   500円~1,500円

 子宮頸がん検査は、母子手帳の「補助券」により無料になります。

  妊婦検診は、病気治療のための診察ではないため、本来は自費診療であり健康保険は適用されませんが、
  公費の補助で受けられる助成制度があります。 また、何か特別な問題が生じたときは、その治療や検査、
  受診に関わる料金のみ保険扱いになります。
  母子健康手帳の交付の際に、妊婦検診を公費の補助で受けれらる受診票「補助券」がもらえます。 
  補助が受けられる内容(金額や対象の検査項目、回数など)は、自治体により異なりますが、およそ妊娠中14回で、
  助成内容は受診票に書かれている項目です。 
  従い、患者さまのご負担金額は、「補助券」の助成内容や使用の有無によっても異なってきますし、
  状況の違いや薬の有無などによっても違ってきます。 詳細については、受付スタッフにおたずねください。
  

閉じる